お客様の声

≪本当にあった物語≫

Story#1(パンとの出会い)
Story#2(癒しの開運パン)
Story#3(安心して自慢出来るんです)
Story#4 (その他)

Story#1(パンとの出会い)
ある暑い夏の午後、爽やかな高校生がバイクから不安そうに
ヘルメット抱えながら店のドアを開けた。
通常女性客が多く珍しいな、と思いながらも対応。
私:「どこの高校?」
A君「僕、地元の県立高校です」などと簡単な会話をして清算を済ませた。
2週間後くらいに、かわいらしい女性が来店
いつも通り、何気ない会話をしていると

Bさん:「この間高校生の男の子が来なかった?」
私  :「あっはい」
Bさん:「実は息子でさ〜」    (えっ若いお母さんと驚き)
「息子がずっと、ここのお店が気になっていたんだけど
なかなかチャンスが無くて来られなかった〜」
(私の心の声:高校生の男のが来たいなんて珍しいな〜と思った)
:「あの子、パンが大好きで休みには気になるパン屋さん巡りしたり、
自分で焼いて家族に食べさせてくれるさ〜」
:「いつか自分でパン屋さんをしたいからと高校も地元の食品科で
発酵や生物・農産物について勉強してるんだよ」

私  :「えーーープロですね」(といますか偵察ざますね)

Bさん:「いやいやそんな事ではない(笑い)
:「実は今も近所のパン屋さんでアルバイトもしてるんだよ」

だんだん、会話が進むに連れてA君はパンが恋しくて恋しくてたまらない青年でした。
まだ若いときからちゃんと自分の夢を持ち研究・勉強している彼がすごく輝いて見えました。
(アー若いって素晴らしい!)
自分で焼いている本格的な少年にちょっと焦りも感じヒヤヒヤしていました。
その後何回かお店にも来店してくれるようになり1番驚きの答えが返ってきました。
Bさん:「息子がさ〜、いろんなパン屋さん食べあるいているけど、
やっぱりここのパンが美味しい」

私  :「ひぇ〜〜〜良かった〜」

怖い試験を受けている気分だったので、いくら高校生でも侮れないぞ〜と
恐怖を感じていたが嬉しい声を頂き
本当に肩の力がす=っと落ち、ほっとしました。
しかしまた後日、Bさんが来店した時に・・・・
又手に汗握る瞬間がありました。
Bさん:「ちょと息子がさ〜」
(えー何、なに?駄目だし?私そういうの苦手なんです〜
結構褒められて伸びちゃうタイプかも・・・と内心思ながら)
「ここで、アルバイトしたいんだって」
私  :「えーーーーーー????そっち??まじめに?」
こんな会話を交わした訳ですがA君曰く
「しっかりと粉から作り上げていて、粉の旨味が上手く表現されている」
(リポーターの彦摩呂さんですか?!!?って)
今もパン屋さんでアルバイトしているが卒業後もパン屋さんで
修行したいと望んでいるそうでGreenTerraceに
白羽の矢が飛んできてしまったようです。
しかし、当店では夏は桃、冬は枯露柿と営業している期間が短いから難しいよね〜と言う話でお断りをしましたが

今は高校を卒業してバイクで1時間もかかる県内のパン屋さんに朝4時起きして通っているそうです。
いつか、彼と一緒に働ける日が来るといいな、と今は思っています。
?????????????????????????????????????

(その他のお客様の声)

・天然酵母パンは固くて、酸味が強くて苦手だったけどここのパンは、ちょっとマイナスイメージが覆された(30代女性)
・ずーーと、スーパーのパンばかり食べてきたので初めは値段に度胸が必要だったけど一度食べてお値段

以上の実感

・子どもが小さいからこそ粉から作っている安全なパンが食べたかったから

・パン好きの母が、がんで闘病中食が細くなり食事量が少なくなってしまったが、パン好きの母に少しでも体へのダメージが少ない添加物のないパンをを思いオーナーに伝えた所、母オリジナルのパンを焼いてくれ本当にうれしかった。又食欲のない母も食べてくれてよかった

・プレミアムメロンパンは本当になかなか、入手困難で買えずにいたがやっとGET、早速我慢できずに駐車場で半分のつもりで食べたら
1個ペロリと完食。思わずもう一回走ってお店に戻り、残っていた品全部購入♪大人買いですわ!

・噛めば噛むほど小麦の香りと味がして、食べごたえがあり、60代の父(水道工事屋)も腹持ちがいい〜と言ってます

・トーストすると、外はカリカリ・中はもちもち美味しすぎて食べ過ぎちゃうわ

・子どもがここのパンしか食べなくて困っちゃう

・アルバイトさせてください!春からは東京の菓子専門学校に通います!パン屋さんしたいんです!(歯科院のお嬢様:活発な陸上部員)
Story#2(癒しの開運パン)

えっ!!??今日OPENしてる!
半年ほど前からこの地域を営業で回るようになった。
ここの信号右折が多いから結構信号待ちをして渋滞するんだよね・・・

ずっと気になっていたんだけど、アパート隣のパン屋さん結構な確率でCLOSE。
この店いつ営業してるんだろう・・・すーーーと気になっていた。

かわいい手作りの味がある木の看板には”体にやさしい天然酵母パンと減農薬野菜の店”
って書いてあるけど店舗道路に面していないし

何だか怪しい・・・実は壺とか売ってるんじゃないの!?(やばっ)
なんて、勝手に想像しながら信号が青に変わるのを待つ。
最近なんだかわからないが、体がだるいし仕事も人間関係もちょっと上手くいかない。
上司の仕事なのに、急いで資料作成・月次処理急いでだのと自分の仕事ばかり押し付けてくる。

”もーーー”って気分。

他にも何となく理由はわからないが、何だか不調。
自分の休みたい時にシフト調整ができず、休暇も取れない。
ちょっと、今度の休みに整体でも行って気分転換しようかなと思っていた時に

いつも営業していないあの店が

今日はOPENになってる!
ちょっと二度見して確認。
車をUターンして駐車場へ。
いよいよ、あの通路だよ・・・怖いような気もするが、ドキドキ。

ちょっと、木々のせいもあるが暗く感じる。
樹齢20年以上のりんごの木のアーチをくぐり木道を歩いていると
脇には自然の川が!!!

えー何だかほっとする。
10メートルほど道路から入ったところにかわいい店があった。
ガラガラガラと、戸を開けると誰もいない!!

えーーー!?なんで!?

しかし、暫くすると奥から感じのいいオナーシェフがやんわりと出てきてくれた。
出てくる迄店内をみていると、ゴッホのひまわりやフェルメールの青いターバン
のおんな・クリムトの接吻等ちょっとしたアトリエ風。パン屋ぽくない。

午後で品数はかなり少なくなっているが、何だか緊張がほぐれた。
オーナーと話しながら数点パンを購入して帰るのに同じ木道を歩いていると
りんごの花が咲いているのに気づきました。
来るときはしたばかり向いて歩いていたが、

ちょっと目線を上げるとうっすらとピンクのりんごの花が数輪咲き始めていた。
あまり社交的ではない私が、始めて会ったオーナと世間話をして
心が軽くなりまた営業の為に車を走り始めました。

オーナーが言っていたが、脇の川には5年位前から蛍が出ると。
後日このお客さんから、この話を聞きあれまーよかったわ。

少しでも、気持ちが楽になるのであれば有難い気持ちです。

会社や人間関係もその後ちょっとずついい方向になっているようです。

下ばかり向いていると、空のきれいな事忘れてしまいますよね。

ポジティブだけではだめですが、計画して前向きに進みましょう。
病は気から!!因みに
(当店では壺は販売しておりません)

??????????????????
(その他のお客様の声)

・はじめは入るのに勇気がいったけど、今では我がもの顔よ、元気になるのよね〜

・あぁぁ幸せ、忙し時にお気に入りのコーヒーと一緒に贅沢なパンでリッチな時間を独り占めパワーが充電

・受験の孫におからクッキーをおやつにあげたら、希望の学校に入学しちゃた!(孫の努力ですが)

・秘密基地の様でみんなに教えたくないくらい、だって有名になっちゃうと私の買うパンがなくなちゃう〜

・おからクッキーはちょっとリッチなお紅茶と食べるのが私の朝のルーティーン(内科診療所の奥様)

・ここのパンを朝食べてから地区のカラオケ大会で優勝しちゃった!!

・けんかしていた、彼氏にプレゼントしたらすんなり仲直り!(メロンパンで釣っちゃった!?)
Story#3(安心して自慢できるんです)

おっ!!??ラッキー!
ピンクの”営業中”ののぼり旗がひらひら動いてる!!

良かった〜。
なかなか、手に入らないし予約注文していないけどお願い商品あって=
とヒヤヒヤしながら、急いで車を止めて

店に走ってGO
またまたラッキー!!
並んでる、商品がある!良かった=
(今日私ついてる〜)

なんでって!?

明日急に大阪から息子の嫁さんのご両親が来ることになって
お土産がないわ===って困っていたのよ。

なんでも良いわけにはいかないし、
そんな時にやってて良かったGreenTerrace(コンビニみたいですね)
ほうれん草のシフォンケーキとパンのセットを包装。
山梨はフルーツやワインとお土産は沢山あるが季節によって

ちょっと悩んでしまう。

プレゼントす方もされる方もお互いが笑顔になれないと幸せが
飛んでこないですよね。

そんな、会話をして店を後にしていきました。
次はお孫ちゃんを連れてきてくれるのかしら・・・・再会がたのしみです。

??????????????????
(その他のお客様の声)

・山梨に帰省する時は東京家族と友人にお土産として喜ばれるんです。特に初産で一緒の病室だったA子さ
んは大ファンでもちもちのパンとふわふわのシフォンケーキが大好きで、山梨に帰省すると必ず頼まれます。

・実家が長野でお土産に渡した子、こんな美味しいシフォンケーキを作りたいとレシピを教えて下さいとハガキ頂ました

・とにかく”待っている”いる人がいるから2か月に一度は購入しないと

・なんでシフォンケーキがプフプルするんですか〜〜!!?

・嫁いだ娘が帰省すると、「お母さん次に来るとき迄冷凍して残しておいてね!」と私が食べたいのに食べるなと釘を刺されます。スライスして冷凍庫に保存しています。
Story#4(その他)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よかった。やっとお店に辿りつけました・・・
店の入口は通っている時に確認出来たけど駐車場がわからない
2回も行ったり来たり。

ご縁がないのかな〜と諦めていた時に
あーーーあった!!!良かった。

神奈川県から休みには温泉とパン屋さんめぐりがたのしみしていて、
今朝も朝4時に出てきたんです〜。

おまけに枯露柿のシーズンになり今日にて店頭販売最終日・・・・
ほんとうにギリギリ間に合った〜(バイクと車で外出好きの男性)
天然酵母のパンは体に良いし、美味しいから日常食べるにはお値段が高く
お財布事情が気になり、近くの電気屋さんで天然酵母パンが焼けるホームベーカリー
を購入ました。

初めは楽しみで結構毎朝焼いて、パン好きの友人にもプレゼントしていたが、
段々、準備や後片付けが面倒に・・・・

結局キッチンの隅へ。

で、Green Terraceさんの戻って来ちゃいました。

ふわふわパン(シフォンケーキ)主人が好きでね〜、
1かけら(ピース)でも充分腹持ちが良く、歯に自信がなくてもいいじゃんね。
私が出かける時は冷蔵庫に入れて趣味の短歌や踊りに出かけられます。(80代元気はつらつ、おばあちゃま)
営業中のピンクの旗が目印で”あっ今日営業してる”と安心。(隣の市からのぶどう農家さん)
美味しいのはいいけど、つい食べ過ぎてしまって太ってしまう。。。特にフレンチトーストにするのが私の好物(週3日スポーツジムに通う50代主婦)
実は、国産レーズンを買うより、天然酵母パン(Raisin×Raisin)を買った方が量も味もお得です
(ご主人は海外赴任の50代奥様)
ベルギーの自然食の店を思い出すパン屋さんです。(ベルギー出身英会話講師)

困っています・・・スーパーのパンが買えなくなり、金欠病になりそうです。(犬の散歩仲間からここを教えもらった50代女性)
焼きたてを買って、電車に乗ると何とも幸せの良い香りが・・・ちょっと他の乗客に自慢したい気分でした。