Green Terrace公式ホームページ

Green Terraceブログ

美味しいサンドウイッチにあう美味いトマトはどっち

2018年06月08日

 



こんにちは、
 
あなたに体と心の健康、そして笑顔をお届けする
次世代のパン屋GreenTerrace 手島勇二です。
 
自宅の畑とかプランターでトマトや南瓜など
栽培したことがないと、
 
なかなか「 自然生え(しぜんばえ)

と言う言葉、
馴染みがないのでは??
 
うちの周りでは、
自生え(じばえ)
といっているのですが、
 
どういうものかと言うと、
 
去年、
 
育てたトマトや南瓜が、
収穫されずに土に還り、
 
1年たって、
 
また芽を出して実を付けることを
言います。



先日、
 
ある雑誌をみていると、
 
そんな自然生えトマトについて、
書かれていたのでちょっとシェアします。
 
その方が言うには、
 
買ってきた種とか苗は、
 
樹が元気すぎると「実が着かない」
とか
実が着きすぎると「樹が弱る」
 
そんな話があるように、
 
「あたり・はずれ」があります。
 
しかし、
 
自然生えの場合、、
 
ひとりでに、
そのバランスをとっていると言います
 
どういう事かというと、
 
これは予想ですが、
自立力がつよく、根の張りも強く、
 
結果、
 
 
自然生えのトマトは、
どれも樹が元気で満遍なく実がなる。
 
と言うものなのです。
ちなみに、
 
これは私も初めて聞いた言葉ですが、
共育ち(ともそだち)」といって、
 
ひとつのトマトには、
いくつも種が入っていますよねぇ。

なので、
 
一個の種だけ発芽するわけでなく、
いくつも芽を出してきます。
 
そして、
 
大きくなろうとします。

このことを言っているのですが、
 
外側の芽は光があたりやすいので、
すくすく育つのに比べ、、、
 
内側の芽は日光があたりにくいので
徐々に淘汰されて、
 
結果、
 
元気のよいものがトマトの樹に、
実をつけるのだと言います。
 
Green Terraceでも、
琉球大学の比嘉教授がみつけた
EM菌によるリサイクル農法と
減農薬栽培を行う直営の農場、、
 
Isamu de Farmから採れたての
トマトも栽培しています。
 
もちろん、
 
自然生えと種・苗から育てた
トマトあります。




買ってきた種や苗のトマトは、

早いもので6月下旬には、
収穫がはじまりますが、
 

自然生えは少し遅れています。



Green Terraceでは、
このトマトをサンドウィッチやパニーニに
サンドしますので、
 
もし、
 
自然生えと種・苗からの物
食べくらべる機会がありましたら、
 
味わってみて下さい 。。
 
私もいちど、
生で食べくらべてみたいと思います
 
ちなみに、
 
cafeで取り扱う、
サンドウィッチやパニーニは、
日替わりなので事前に問い合わせ
 
または
 
LINEのお友達の登録していただくと、
オススメ情報お伝えできるとともに、
 
初回のお買い物から10%割引に
なります。
 
LINEのお友達登録はこちらから、、
https://line.me/R/ti/p/%40kxq7130w
 
追伸:
最近の種はF1種といって1代限りの物が
ほとんどなので、種を土に埋めても
生えてきません。
F1でない種とか苗は種屋さんに確認
してください。
 
Green Terrace 手島 勇二
********************************** 
〒405ー0007 
山梨県山梨市七日市場563 
0553−23−6500 
http://green-terraace.net 
greenterrace@green-terrace.net

 

*********************************** 

 


サンドイッチ パニーニ トマト 新鮮