Green Terrace公式ホームページ

トップ > New > そろそろ本気で三ツ星料理?成功するシェフの食材選び

そろそろ本気で三ツ星料理?成功するシェフの食材選び

2018年01月11日

 



こんにちは、
 
あなたに体と心の健康、そして笑顔をお届けする
次世代のパン屋GreenTerrace 手島勇二です。
 
ここ何年か 料理番組が花盛り、
と言うのもありますが、
 
お正月でもそんな番組、
結構見ましたねぇ
 
爆食いみたいなのは、
見ていて気持ち悪いですが、
 
全国各地の特産と言われる食材を
使ったお料理など、
 
食事に直結しているので、
すごく身近に感じ、
 
自分で、
「できる」「出来ない」は別として、



引き込まれるし、
 
食べてみたいと思わせるわけです。
 
番組制作者からすると、
「してやったり^^」
 
と言うところなんでしょうが、
 
これは、
 
雑誌なんかでも同じ。
 
三つ星レストランのシェフと行く〇〇
ではないですが、



各地を回って、
そこの食材を利用し、新たなレシピを
創る。
 
 
先日、
本屋さんで買った料理本もそんな内容
でした。
 
今回の特集は「肉」
福井県を旅したシェフが、現地の食材
 
とみつ金時、吉川ナス、上庄里芋、
九頭龍舞茸などを使ったお料理を考案。
 
見るからに美味しそう!!
 
どの料理もシェフの想いが詰め込まれた
逸品。。
 
シェフが言うには、
 
食材選びは、
作られた経緯や作り手のおもいでなく
味で選ぶ」と言う。
 
Green Terraceでも直営の農場があり、
食材を作る、生産者でもあるわけです。
 
一瞬、 生産者も想いはどうでも良い??
と捉えられる発言でしたが、
 
実は裏にはある想いがあったのです。
 
大切なのは味」と言うように、
先ずは味が一級品出ないと良いものは
創れない。と言うことなんです。
 
確かに、
 
販売という立場から考えると、
 
誰もが認める一級品があって、その上に
作り手の想い、ストーリーと言われる
アツイ気持ちがあると、料理はますます
食べて見たくなる。。
 
ということが言いたいわけです。
 
実際、もしあなたがお金を出して食べる
立場だとしたら、
 
一口食べて、
「あれっ、美味い」と思うから、
”どんな人が作っているんだろう”とか
”どんな想いで作っているんだろう”
となるわけですよねぇ??
 
 
Green Terraceでも、先ずはあなたが
納得する一級品の
 
食感、味、香り、見た目」をお届け
しています。
 
最近では、
 
成人病を患った方に向けたパンの製造
販売など、オリジナルな高級食パンも
作っています。
 
ご興味ある方はお問い合わせください。
 
0553-23-6500(手島)
 
直営農場Isamu de Farmが忙しい
農繁期は、電話がつながりにくいことが
あります。
 
メールでのお問合せはこちら


Green Terrace 手島 勇二
********************
〒405-0007
山梨県山梨市七日市場563
0553-23-6500
********************
 

 


健康