秋の食材なら食感柔らか山梨産の葡萄使用のレーズン

レーズン

こんにちは、身体に優しい食材で、
パン・ケーキを創る

Green Terrace 手島勇二です。

8月に入ると、
いよいよ山梨は、
ブドウの季節になります。

パン工房の前にも、
近所の法人が運営するブドウ園があり、

ブドウ園

週に何回か、

作業員のかたが来て、
消毒・笠かけ、除草など、

暑い中、

大変だと思いますが、
作業しています。

Green Terraceにも直営農場、
「Isamu de Farm」 があるのですが、

「ブドウ」は残念ながら作っていません。。。

でも、

山梨というと、
”ブドウ・ワイン”と言われるように、

山梨と言うとワインとブドウ

ブドウ農家は多く、

Isamu de Farmオーナーの友人にも、
何名かブドウを作っている農家がいます。

生産者としては、
育てたもの全てが出荷できれば、
すごく良いのですが、

中には、

  • ・生育が良くなかったもの
  • ・形が不格好なもの
  • ・鳥に一部たべらちゃったもの

そういったブドウは、
残念ながら売り物にはなりません。。。

そこで、

泣く泣く、
ブドウ畑に廃棄するのもあるそうです困った

とは言っても、

1年の間、

  • ・水や肥料を与えたり、
  • ・消毒、剪定や笠かけ、
  • ・1総ずつ形を整えたり、
  • ・粒抜きをしたり、

手間暇かけて作るわけです。

簡単に捨てるなんて、
ブドウに対して申し訳ない
そんな気にすらなります。

そこで、

こう言った販売できないブドウは、

よく、

ブドウを栽培していない、
「近所」や「親類」、「知り合い」
などに配ることが多くあるそうです。

Green Terraceでもそう言った、
売り物にならないブドウ

生食で食べるなら問題ない
と言うことで、

よくおすそ分けいただきます。

ホント、
知り合いって、
有難いですよねぇ

食べきれないほど持ってきてくれる、
そんな事も度々あり、、

何年か前、

ブドウをいただく、
Iasmu de Farmオーナーの、
友人の農家さんに、

この出荷できないブドウって、
どれくらいあるのですか?

と聞いてみたところ、

「年によるけど毎年、
15kgくらい入るコンテナ、
10箱単位で出る

と言うのです。

せっかく1年、
大事に育てたブドウなので、

前から思っていた、
レーズン(干しブドウ)にしてみたわけです。

ちなみに、

山梨は全国一位の「ブドウ出荷量」なのに、
レーズンの製造工場とか無いんです!!

ではでは、
国内はどうか調べてみても、

レーズンを製造しているメーカーは極わずか。。。

なので、

スーパーで販売されているもの見ても、
ほとんどはカリフォルニア産と言うわけです

では、何故か?

それは、、

ブドウの収穫時期にあたる8月、

日本は、
熱中症で倒れる人がいるほど、
暑いだけでなく、
湿度が髙いですよね??

温度計

乾燥していないので、
天日に干しても乾かないどころか、
腐ってしまう」。。

そこで、

日本で大量生産しようとすると、

  • ・工場をつくり、
  • ・乾燥機を買って、
  • ・電気やガス、灯油を燃やし、

乾燥させないと、

作れないわけです。

そう言ったことから、

今までは、
「輸入したほうが安い」と言う理由で、

国内での生産はあまりしてこなかった。
と言うわけです。
(アメリカとの貿易に関することもありますが)

でも、

アメリカから輸出するには、
輸送中の病原菌の発生防止のため、
消毒が必要。ところが、日本では
使用禁止の薬剤が使われたり、
残留農薬問題があること

アメリカ食品医薬局が認める、
「レーズン283gあたり34匹までなら、
ショウジョウバエが含まれていても良い
と言うような、日本では考えられない、
不衛生な環境で作られていないことが分かり。

最近では少しづつ、

国内でもレーズンを作ろう!!

といった雰囲気になってきたところです。

「身体に優しい」をテーマにする
Green Terraceでは、

せっかく近くに、
沢山のブドウがあるわけだし、

レーズンが出来れば、
自家製ブドウパン」だって夢じゃない!!

そんなこともあって、
レーズン作りを始めたのです。

最初は、

コストをかけず、
天日出来ないか考えたのですが、

どうしても、
”カビ”ちゃうんですよねぇ。

作るたびに失敗して、
畑に捨てに行きました(泣)

ホント、
譲り受けたブドウ、
30K以上捨てたかな??

そんな時って、
気が重いって言うんですか?
夢に出るんじゃないかって言うくらい。。。

食事だって考え事しているから、
何食べたのか覚えていないと言った具合で、

終いには、

一緒にいる母親から、
「ご飯食べる時くらい,いい加減にしなさいっ」
て怒られたことも。。。

でも、

世の中ってよく出来ているんですよ、、
「捨てる神あれば、拾う神ある」
と言うあれです^^。

なんだ、

Green Terraceには、
立派なオーブンがあること、
忘れていたのです

オーブンでレーズン作成
でも、

本業のパン屋さんの絡みもあるので、
様子を見ながら、

天日干しと組み合わせ、
硬すぎないように作ること、

およそ、

5日〜7日ほどで完成。

今取り扱っているのは、
知り合いから譲り受けている、

もちろん山梨産の
「巨峰」「ピオーネ」「サニールージュ」
これらから作っています。

特徴としては、

  • ●どれも一粒がカリフォルニアさんにくらべ、
    倍近くと大きいこと
  • ●食べやすいよう
    ”半生で柔らかいこと”
  • ●国産なので、
    輸送に必要な防虫用の消毒がされていないこと
  • ●天日干しでないので、
    ショウジョウバエの幼虫などの心配がないこと

栄養士が作る、
安心・安全なレーズンです。

栄養士

ちなみに、

工場で作るように、
何トンもあるわけではないので、
ご希望の方はお早めにご連絡ください。

ただいま、

2017年レーズン受付中です。

レーズン

商品名:国産レーズン80g 750円(山梨産、巨峰・ピオーネ・サニールージュ使用)

お申し込みはこちらから
山梨産レーズンを買う

追伸:
いただいたブドウは「貰いっぱなし」と言うわけにはいかないので、
Isamu de Farmが作っている、野菜や桃などで、お返ししています。

 

****************************************************
〒405-007
山梨県山梨市七日市場563
電話・FAX 0553-37-4640
E-mail:isamudefarm@isamudefarm.com
url:http://isamudefarm.com
****************************************************